頭皮の日焼けはハゲ・薄毛・老化が進行する原因?対策は必要です

薄毛・ハゲ

            <本ページはプロモーションが含まれています>

こんにちはseraです。

頭皮の日焼けは「ハゲ・薄毛・老化」が進行する原因になるのか?

先に結論から言います。

日焼けをしたら「ハゲ」が進行する直接的な原因とは断言できません。

しかし、「ハゲ・薄毛になる可能性」はあります。

日焼けによる紫外線の影響で「老化」は進みます。

理由はこちら

↓ ↓ ↓

紫外線によって起こる「老化」は、「光老化」と言います。

人の老化の原因

  1. 老化による加齢:約20%
  2. 光老化による加齢:約80%

「光老化」とは、紫外線の影響でゆっくりと進行する「細胞破壊」のことです。

光老化は、「頭皮と頭髪」でも同時に進行します。

紫外線にあたりすぎると頭皮が老化し「ハゲ・薄毛になる可能性」があるのです。

では、次に「なぜ対策」が必要なのかわかりやすく説明します。

ハゲ・薄毛に「日焼け止め」が必要な理由

紫外線の多い時期に「顔や腕」には、日焼け止めクリームを塗ります。

しかし、「頭皮」には塗っていますか?

塗っていませんよね。

頭は1番上にあるので、「顔や腕」の2倍以上の「紫外線」を浴びてると言われています。

そもそも頭皮は、日焼けしにくいのです。

理由は、「頭髪」が紫外線から頭部を守る役割をしてくれているからです。

髪の毛が紫外線を吸収し、頭皮から「日焼け」を守ってくれています。

もうおわかりですよね?

ハゲ・薄毛の人は、紫外線から頭皮を守る「髪の毛」がないわけです。

つまり、頭皮に「紫外線」をモロにくらってる状態です。

頭皮のノーガードは、はっきり言って「危険」です。

先ほども書きましたが、紫外線は「ハゲ・薄毛・老化」の進行に影響します。

だから、「日焼け止め」が必要なんです。

頭皮の日焼け止めは、「ムラなく均等につけれるスプレータイプ」がいいです。

アネッサは、「UVカット率98.4%」です。

このスプレータイプは、ムラなく塗れて「紫外線」から防ぐことができます。

ちなみに、「顔にも髪」にも使えます。

↓ ↓ ↓

薄毛・ハゲだから頭皮が焼ける

紫外線による「ハゲ・薄毛・老化」の影響が少ない人は、「髪の毛が生えていること」が前提です。

「頭皮が日焼けするから薄毛・ハゲになる」のではないのです。

「薄毛・ハゲ」だから頭皮が日焼けするのです。

頭皮が日焼けするとどうなるのか?

  • 赤くなり「やけど」のようになる
  • 頭皮の乾燥で皮剥け・フケの原因
  • 頭皮の「シミ」になる原因
  • 過度に紫外線を浴びると「皮膚の病気」の原因

髪の毛があれば「紫外線」から頭部を守ってくれます。

「髪の毛が少ない人」がいかにリスクが高いのかをご理解いただけたと思います。

紫外線の多い時期にするべきこと

  • 頭皮の日焼け止め対策(日焼け止め)
  • 帽子を被るなどの対策(直接の紫外線を避ける)
  • 頭皮の乾燥を防ぐために保湿(保湿クリーム)

「ハゲ・薄毛の頭皮」には、紫外線があたりやすく「日焼け」による乾燥が大敵です。

老化を防ぐためにも「頭皮の保湿」をしましょう。

↓ ↓ ↓

created by Rinker
キュレル
¥1,430 (2024/04/21 15:26:45時点 Amazon調べ-詳細)

紫外線の影響「抜け毛」は、通常の2倍以上

夏の紫外線が原因で「秋」には、抜け毛が「通常の2倍以上」に増えると言われています。

年間を通じると男女共に「夏から秋」にかけて最も「抜け毛」が増えます。

理由は、「春から夏の紫外線」が多くを占めています。

健康な状態でも「1日:50〜100本」近く髪の毛が抜けます。

秋になると「1日:100〜200本」抜けることになるのです。

紫外線の影響は、頭皮にて「過酸化脂質」という皮脂が増えて脱毛作用として毛根を刺激します。

「3〜6ヶ月後」に抜け毛として影響するため、「春〜夏の紫外線」が原因となるのです。

過酸化脂質とは、毛穴の中の「酸化した皮脂」のことです。

この「酸化した皮脂」が毛穴を詰まらせます。

過酸化脂質は、「抜け毛・細毛」などの原因になり「薄毛・ハゲ」に少なからず影響があります。

過酸化脂質について詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

過酸化脂質と頭皮ケア

過酸化脂質が増える理由

  • ストレス
  • 頭皮環境
  • 過度なアルコール摂取
  • 過食・偏食
  • 頭皮の清潔さ
  • 元々の体質

過酸化脂質を減らす「頭皮ケア」

①過酸化脂質の増加を防ぐ「ビタミンE・ビタミンC」の摂取

過酸化脂質は、カラダの中の細胞を覆っている不飽和脂肪酸という脂質の膜が活性酸素と結びつき、酸化されたもの(何度も繰り返し使ってドロドロになった食用油を想像してください)。体内で発生した過酸化脂質は、その近くにある脂質も次から次へと雪ダルマ式に酸化させていきます。増加した過酸化脂質は、細胞膜の機能を損なって、細胞内に様々な障害を引き起こしたり、動脈硬化などの病気の原因になったり、カラダに悪い影響を与えるのです。
過酸化脂質の増加を防いでくれるのがビタミンEです。ビタミンEが過酸化脂質と脂質の間に入り込み、脂質の代わりに酸化されることで、次々に起こる酸化の連鎖、つまり過酸化脂質の増加を防ぐのです。一度酸化されたビタミンEはその効力を失いますが、ビタミンCが一緒にあると、ビタミンEは復活し、再び抗酸化力を発揮させることができることが分かっています。

第一三共ヘルスケア HP

②頭皮クレンジングは、シャンプーでは落とせない過酸化脂質を落とすのに効果があります。

天然成分100%の植物性オイル

  • ホホバオイル
  • ココナッツオイル

頭皮クレンジングには、「天然成分100%の植物性オイル」を使います。

月に2・3回「オイル」を頭皮になじませて洗い流す。

そうすることで「毛穴の詰まり」が落としやすくなります。

ホホバオイルは、頭皮マッサージに使うオイルとして評価が高いです。

オイルの伸びも良く「乾燥や痒み」を防ぐ効果にも期待できます。

「シャンプー」や「スキンケア用品」を変える前に試す価値あります。

↓ ↓ ↓

created by Rinker
無印良品
¥2,490 (2024/04/22 12:16:48時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

先ほども書きましたが、頭皮の日焼けは「ハゲ・薄毛・老化」が進行する原因なのか?

日焼けによる紫外線の影響で「老化」は進みます。

そして、「ハゲ・薄毛になる可能性」はあります。

理由がこちら

↓ ↓ ↓

紫外線によって起こる「老化」は、「光老化」と言います。

「光老化」とは、紫外線の影響でゆっくりと進行する「細胞破壊」のことです。

光老化は、「頭皮と頭髪」でも同時に進行します。

紫外線にあたりすぎると頭皮が老化し「ハゲ・薄毛になる可能性」があるのです。

対策はこちら

↓ ↓ ↓

  • 頭皮のに「日焼け止めクリーム・スプレー」などを塗る
  • 乾燥を防ぐために「頭皮の保湿」
  • 過酸化脂質を減らす「頭皮ケア」

以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

下記に「ハゲ・薄毛」に関する関連記事もございます。

参考にご覧ください。