ハゲてきた。バレたくない。どうすればいいの?この方法がベストです

薄毛・ハゲ

            <本ページはプロモーションが含まれています>

こんにちはseraです。

ハゲがバレたくない。

どうすればいいのか?

結論から先に言いますが、「4つ選択肢」があります。

  1. AGA治療
  2. 開き直ってボウズ・スキンヘッドにする
  3. カツラを被る
  4. 植毛する

ハゲてきた時の対処法は、これ以外にありません。

なぜ、そんなことが言い切れるのか?

私自身「ハゲ」がバレたくないと思い、様々なことを試した結果です。

では、順番に説明していきます。

AGA治療とは

AGAとは、「男性型脱毛症」のことです。

男性型脱毛症とは、男性ホルモンや遺伝が関連して起こる「脱毛症」のことです。

AGA治療とは、「内服薬・外用薬」を用いて治療します。

AGA治療の目的は?

  1. これ以上ハゲにならないように「抜け毛」の進行を止める
  2. 新しい「髪の毛」が生えてくるようにする

簡単に言うと「抜け毛の防止」・「発毛の促進」この2つがAGA治療の内容です。

もっと詳しく「AGA」について知りたい方はこちらをどうぞ

自分のハゲが「AGA」かどうかの判断は、自己判断するのが難しいのが現状です。

正確に判断するには、専門の医師から診断を受けることが最も正確で確実です。

ハゲを止めたいならAGA治療

よく「ハゲを隠す髪型はこれだ」ってありますよね?

まず、ハゲを隠す髪型なんてものはありません。

ただ、今ある髪の毛をハゲの上に被して誤魔化しているだけです。

ハゲを隠すだけでは、薄毛・ハゲの対策にはなりません。

その場しのぎをしているだけで「根本的な改善」ではないのです。

ですから、ハゲが進行するといずれ「隠せない状態」に陥ります。

ハゲを止めたいなら「AGA治療」をしないと進行が止まりません。

なぜなら、ハゲ・薄毛の原因の90%が「AGA(男性型脱毛症)」だからです。

ハゲの進行は、面積が拡大していくと「悲惨なこと」になりますよ。

私自身も「AGA治療」を経験しました。

結果は、正直に言います。

ハゲの進行は、止まりました。

若干ですが新しい毛も増えました。

しかし、ハゲがわからなくなるほど「発毛」はしていません。

「AGA治療の効果」も個人差があります。

  • 効果のある人
  • 効果のない人
  • 効果の薄い人

私の結果は、「抜け毛の防止:効果のある人」「発毛の促進:効果の薄い人」です。

ですから、AGA治療はやってみないと効果がわからないです。

間違いなく言えることは、「AGAが原因のハゲ」ならこうなります。

↓ ↓ ↓

ハゲの進行を止めなければ面積が拡大していきます。

最終的には、「悲惨なこと」になりますよ。

開き直って「ボウズ・スキンヘッド」

この画像は、私自身の写真です。

  • 左:スキンヘッド
  • 右:ボウズ

私が「ハゲ・薄毛」に気づいてからの流れ

「AGA治療」:約10年間→「ボウズ」実行後:約3年間→「スキンヘッド」:現在

私は、約10年間「AGA治療」をしながらハゲを隠してきました。

「AGA治療」の効果があったので、ハゲの進行が止まっていました。

先ほども書きましたが「新たな発毛」は、少ししか効果がありませんでした。

なぜボウズにする「決断・実行」をしたのか?

理由はこちら

↓ ↓ ↓

  1. ハゲをいつまで隠すのかと悩んだ
  2. 髪の毛が濡れることを避けるのが苦痛になる
  3. ハゲがバレてないか気にするストレス

ハゲをいつまで隠し続けるのか悩む

ハゲを隠す髪型をいつまでするのだろうか?

約10年間も「AGA治療」していればそう思います。

私は、頭頂部(つむじ周り)が薄くなるタイプのハゲです。

幸いなことに前頭部は、ハゲの進行がありませんでした。

頭頂部(つむじ周辺)のハゲを隠し続けていたわけです。

髪型をセットしない場合は、「ハゲ部分」が丸見えです。

正直な所、だんだんとハゲを隠すことが疲れて嫌になってきます。

すると、いつまで「ハゲを隠し続けるのか?」となったのです。

ハゲは髪が濡れると大変なことになる

ハゲは、基本的に「髪の毛を濡らすこと」を避けます。

理由は、髪が水に濡れるとボリュームがなくなります。

髪の毛が濡れると「ハゲ」が丸わかりになるのです。

ハゲが「水」に関して我慢していること

  1. 海・川などで水遊び
  2. ダイビング・サーフィンなどのレジャー遊び
  3. 温泉・銭湯へ行くこと

ハゲを隠すと「髪の毛を水に濡らすこと」を避けてしまうようになります。

例えば、海に遊びに行っても全力で泳げない。

髪の毛を濡らさないように遊ぶ。

温泉・銭湯に行っても髪の毛を洗うのは、最後。

洗ったらすぐに出てドライヤーで乾かす。

こんな感じでハゲを隠している時は、水に髪を濡らすことを避けていました。

先ほどと同じく「ハゲを隠すこと」が疲れて嫌になってきます。

ハゲがバレていないか心配するストレス

ハゲがバレていないかを心配することは、本当にストレスがたまります。

頭頂部のハゲを隠している場合は、電気の角度や光の当たり方によってはバレます。

被している髪の毛の隙間から「地肌」が見えるからです。

雨の日や湿度の高い日は、髪の毛にボリュームがなくなり「ペタッ」となります。

すると、ハゲの部分がバレてしまいます。

ハゲがバレるかもしれないと気にしながら生活するのは「ストレス」です。

ひどくなると「人の笑い声」を聞くだけで、自分のハゲがバレて笑われてるのかと思う。

完全に被害妄想の思い込みです。

ですが、それぐらい気になります。

こんなことを気にしていたら「ストレス」がたまります。

さらに「ハゲを隠す」のが嫌になります。

最終的にボウズ・スキンヘッドを選ぶ

ハゲを隠すことは、いずれ嫌になってきます。

その時は、「ボウズ」か「スキンヘッド」を選ぶでしょう。

「ボウズ・スキンヘッド」にして恥ずかしい気持ちは、最初だけですよ。

自分も他人もすぐに見慣れていきます。

ハゲを隠さないことがこんなに楽なのかと感じると思います。

スキンヘッドにしたいなら「5枚刃のカミソリ」を使いましょう。

カミソリの刃が悪いと「頭皮が荒れてしまう原因」になります。

お肌を大切にしましょう。

↓ ↓ ↓

created by Rinker
キュレル
¥1,430 (2024/04/21 15:26:45時点 Amazon調べ-詳細)

カツラ・植毛

カツラは、はっきり言ってやめたほうがいいです。

カツラ被る時は、楽です。

逆にカツラ止める時は、かなりの勇気が必要です。

あと、カツラは被っているとたいていバレています。

周囲の人は、わざわざ言わないだけです。

高性能な商品でも「カツラはカツラ」です。

髪の毛も伸びない。

いつも同じ髪型。

どうしても不自然に見えます。

植毛は、未経験なのでわかりません。

ただ、ハゲではなくなることは間違いありません。

植毛について詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

まとめ

ハゲてきた。

バレたくない。

ハゲてきた時の対処法は4つ

  1. AGA治療
  2. 開き直ってボウズ・スキンヘッドにする
  3. カツラを被る
  4. 植毛する

解決法はこちら

↓ ↓ ↓

  • まだハゲたくない人:AGA治療
  • もうハゲでもいい:ボウズかスキンヘッド
  • ハゲを誤魔化したい:カツラ
  • ハゲは絶対嫌だ:植毛

以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

下記に「薄毛」に関する関連記事もございます。

参考にご覧ください。