スキンヘッドにしてみたい人は読んでください

薄毛・ハゲ

            <本ページはプロモーションが含まれています>

こんにちはseraです。

「スキンヘッド」に挑戦しようかなと思っている人は、少し不安な気持ちありますよね。

最初は、みんな同じで不安です。

  • スキンヘッドの姿を想像できない
  • 似合わなかったらどうしよう
  • 他人からの視線が気になる

結論から言いますが、「スキンヘッド」にするのは簡単です。

頭の毛を剃るだけですからそんなに難しいことではありません。

似合うか似合わないかは、実際にやってみないとわからないものですよ。

まずは、スキンヘッドにするために「必要なアイテム」「やり方」「手順」などを説明していきます。

スキンヘッドに必要なアイテム

スキンヘッドにするには、基本的に「カミソリ」で髪の毛を剃るだけです。

ただし、スムーズに剃るためには、「バリカン」があるとやりやすいです。

バリカンを使う理由は、髪全体の長さを短くするためです。

スキンヘッドに必要なアイテム

  1. バリカン
  2. カミソリ(5枚刃がおすすめ)

どうせ「カミソリ」で剃るのなら一気に剃った方が楽では?と思う方もいるでしょう。

全体的に髪の毛が短い状態ならば、いきなりカミソリでも大丈夫です。

髪の長さが「3mm以上」ある人は、まずバリカンで短くカットしましょう。

理由は、カミソリで剃るときに長さがあると「カミソリの刃」に毛が挟まります。

そうすると、カミソリでなめらかに剃ることができなくなります。

カミソリの刃に毛がひっかかると、「頭皮」を切ってしまう恐れがあるので注意してください。

電気シェーバー+カミソリでも可能

髪全体を短くするためにバリカンの代わりに、「電気シェーバー」を使っても大丈夫です。

電気シェーバーが「ひげ剃り用」でも、髪の毛を短くすることにも使えます。

「バリカン」の時と同じで髪の毛を短くしてから「電気シェーバー」でカットしてください。

「電気シェーバー」も髪の毛が長いと内部で絡まりますので注意が必要です。

私も「Panasonic ラムダッシュ5枚刃」を購入して使ってみました。

ですが「電気シェーバー」より「バリカン」の方が使いやすかったです。

「電気シェーバー」を上手く使いこなせなかったのが「正直な話」です。

ですから、「電気シェーバー」で短くできる方は全然問題ありません。

スキンヘッドのやり方・手順

スキンヘッドを行う手順はこちら

  1. 髪の毛全体を3mm以下にカットする
  2. 頭皮を温める(蒸しタオルや温水など)
  3. シェービングジェルを塗る(前と後ろにわける)
  4. カミソリで剃る
  5. 剃り残しの確認
  6. 洗い流す
  7. 頭皮の保湿ケア

カミソリで剃る前に頭皮を温めるのがポイント

カミソリで剃る前に、蒸しタオルで「頭皮」を温めると「毛穴が開く」ので剃りやすくなります。

蒸しタオルは、濡らしたタオルを電子レンジで「30秒〜1分」温めれば完成です。

他には、沸かしたお湯に「30秒〜1分」つけておいても「蒸しタオル」になります。

これは、絶対にした方がいいです。

カミソリで剃りやすくなり、「肌荒れ防止」に効果もあります。

カミソリで剃った後に「ブツブツの肌」になりたくなければやりましょう。

シェービングジェルを半分塗る

シェービングジェルを半分塗るとは、「頭頂部から前と後頭部」に分けて塗ることです。

理由は、カミソリで剃るたびに洗い流すと頭皮に水がつきます。

頭皮に水がつくと「シェービングジェル」が流れてしまうのです。

半分ずつ塗ることにより「シェービングジェル」が流れるのを防げます。

ですから「頭頂部から前と後頭部」で分けて塗る方法がおすすめです。

頭皮をキレイに保てば、女性から好印象をGET

↓ ↓ ↓

カミソリで剃る順番

カミソリで剃る順番はこちら

  1. フロント
  2. サイド
  3. 後頭部
  4. つむじ周り
  5. 襟足

剃り方には、「順剃り」と「逆剃り」の2種類あります。

「順剃り」とは、髪の毛の生えてる向きに沿って剃ることです。

「逆剃り」とは、髪の毛の生えてる向きに逆らって剃ることです。

何が違うのがと言うと、どちらも剃ることに変わりありません。

「逆剃り」の方が深剃りできます。

ただし、肌に負担をかけやすいので「肌荒れ」しやすくなります。

「深剃り」したい場合は、先に「順剃り」して短くしてから「逆剃り」すると剃りやすいです。

「順剃り」は、ざらざらした手触りが残ります。

「逆剃り」は、つるつるになりますので「タオルの繊維」すらひっかかりません。

どちらにするかは、「好み」ですね。

頭皮の保湿ケアは重要

スキンヘッドにすると、髪の毛がないので頭が常にさらされている状態です。

頭皮を「乾燥」させないように、カミソリで剃った後・お風呂上りには必ず「保湿」しましょう。

頭皮が乾燥すると「フケやかゆくなる原因」になります。

乾燥して皮膚がポロポロと落ちると「清潔感」がなくなりますので気をつけましょう。

これを塗って乾燥とも「サヨナラ」しましょう。

↓ ↓ ↓

created by Rinker
キュレル
¥1,430 (2024/04/21 15:26:45時点 Amazon調べ-詳細)

スキンヘッドのお手入れはどうしたらいい?

これは、私自身がスキンヘッドにしている写真です。

  • 左:スキンヘッド後すぐ
  • 右:スキンヘッド3日後

スキンヘッド後3日で「ボウズ」になります。

髪の毛は、1日「約0.4mm」伸びるようです。(※個人差あります)

ですので「3日=1.2cm」伸びています。

スキンヘッドをキープしたいなら「毎日」剃るのが1番キレイに保てます。

長くとも「1日おき」までにしないと「ボウズ」になるので気をつけましょう。

カミソリは「5枚刃」を選ぶと剃りやすいです。

剃り残しが少なく、お肌にブツブツができにくい。

私が使っている「カミソリ」をこちらに貼っておきます。

↓ ↓ ↓

まとめ

スキンヘッドにするには、どうしたらいいの?

ただ、「髪の毛」をカミソリで剃るだけです。

ひげを剃るのと同じやり方です。

スキンヘッドにするための必要なアイテム

  • バリカンまたは電気シェーバー
  • カミソリ(5枚刃)
  • シェービングジェル
  • 保湿クリーム

スキンヘッドをキープするなら「毎日」または「1日おき」に剃るのがベストです。

それ以上になると「スキンヘッド」ではなく「ボウズ」になります。

「スキンヘッド」のやり方は以上です。

興味がある人は、1度「スキンヘッド」に挑戦してみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

下記に「スキンヘッド」に関する関連記事もございます。

気になる方はこちらをどうぞ。参考にご覧ください。