エアジョーダン1の保管方法で気をつけるべきこと

スニーカー

            <本ページはプロモーションが含まれています>

こんにちはseraです。

エアジョーダン1を長く大切にする上で「保管状態」は重要になります。

まず、日本は湿気がとても多い環境です。

エアジョーダン1を含むスニーカーにとって「湿気」はよくないです。

湿気とは、空気中の水分の含む量を表す言葉で、一般的に湿度とも呼ばれます。

湿気がよくない理由

↓ ↓ ↓

  • カビが発生する原因
  • 悪臭の原因
  • 黄ばみの原因
  • 加水分解の原因

スニーカーが加水分解する原因は、「化合物と水」が反応して生じます。

加水分解を予防するためには、基本的に履くことが1番です。

履かずにしっかりとした保管もせず、長くしまいっぱなしにしておくことが1番よくありません。

では、エアジョーダン1をどのように保管すべきか?

結論から言います。

↓ ↓ ↓

  1. 履いた後は「ブラッシング」で汚れ落とし
  2. 陰干し・風通し(半日程度)
  3. 除湿剤(カビ防止)
  4. 紫外線が当たる場所は避ける
  5. 高温の部屋を避け定期的に風通し

エアジョーダン1やスニーカーの保管に関しては、「①〜⑤」項目が最低限必要です。

長期間履かない場合は、フィルムかファスナー付きパック(ジップロック)の保管がいいです。

まずは、「①〜⑤」の項目について詳しく説明していきます。

エアジョーダン1の保管「6項目」

エアジョーダン1を長く大切にしたい。

しかし、スニーカーの性質上「加水分解による劣化」は避けれません。

そこで「正しい保管方法でケア」をすれば少しでも長持ちさせることができます。

「5項目」ありますが、準備する物は、「馬毛ブラシ」・「除湿剤」のみです。

それ以外は、簡単にできることなのすぐにやってみましょう。

履いたら汚れ落としてブラッシング

「エアジョーダン1を含むスニーカー」を履いた後には汚れやほこり」を落とす。

理由はこちら

↓ ↓ ↓

  • 汚れが付いたまま放置すると染み付く原因
  • カビが発生する原因

アッパーとソールの違い

(参照元:MOONSTAR 公式サイト)

履き終わったスニーカーの「アッパー部分」は、ブラッシングしてあげる。

ブラッシングすることで「土やほこり」を落とすことができます。

アッパーのブラッシングには、「馬毛ブラシ」が最適です。

毛ブラシは、1本の毛が細く柔らかく皮革を傷つけずにホコリ等を落とせます。 

※アッパーとは、靴の底を除いた上の部分のことです。

「コロニル」は、人や環境へのやさしさを重視したドイツのブランドです。

100年以上の伝統と革新的な製品によりプロからも高く評価されています。

↓ ↓ ↓

created by Rinker
Collonil(コロニル)
¥2,420 (2024/04/21 16:13:07時点 Amazon調べ-詳細)

陰干し・風通し

スニーカーを片付ける前には、「陰干し・風通し」することが大切です。

ベランダや庭など直射日光が当たらない場所にて「陰干し・風通し」をします。

理由はこちら

↓ ↓ ↓

  • 乾燥させることでカビの発生を防ぐ
  • スニーカーの内側を乾燥させ悪臭を防ぐ

直射日光が直接当たると「素材の痛み」による劣化が心配です。

ですので、直射日光が当たる近くの陰などがおすすめです。

陰干しのメリット・デメリット

  • メリット→直射日光(紫外線)に当てないので「素材の痛み」が少ない
  • デメリット→乾燥に時間がかかる

天日干しのメリット

  • メリット→殺菌効果がある
  • デメリット→スニーカーの素材を痛める・日焼けや変色の恐れがある

除湿剤(カビ防止)

除湿剤の目的は、湿気によるカビの防止・加水分解の防止などです。

スニーカーは、「湿気対策」をとることで少しでも長く愛用できます。

湿度が高い部屋にての保管は避けた方がいいです。

除湿剤は、湿気が溜まりやすく空気が動かない場所に置くのがオススメ

↓ ↓ ↓

  • クローゼットの中
  • シューズボックスの中
  • 下駄箱の中

湿気を含んだ空気は下に溜まります。

スニーカーの近くには、「シリカゲル」などの除湿剤を設置しましょう。

※シリカゲルとは乾燥剤の一種で、湿度制御と湿気防止のために重要な役割を果たす製品です

↓ ↓ ↓

紫外線が当たる場所は避ける

紫外線は、「エアジョーダン1の素材」を痛めます。

スニーカーが劣化する原因の1つは、「紫外線」です。

普段履きで「紫外線」に当てないことは難しいことです。

ですから、保管する時には「紫外線」に注意しましょう。

高温の部屋を避け定期的に風通し

高温の部屋に置き続けるのは危険

↓ ↓ ↓

  • スニーカーの素材の劣化原因(ゴム等)
  • ソールの変色の原因

履かすに保管している時も、定期的に「風通し」をしてあげましょう。

定期的な風通しだけでも「カビの防止効果」がありますよ。

まとめ

エアジョーダン1の保管で1番気をつけること。

それは、「湿気」のない状態で保管してあげることです。

加水分解

↓ ↓ ↓

そもそも加水分解とは、「化合物が水分子と反応することによって起こる分解反応」のことを指す。

これをスニーカーに当てはめると、ソールに使用されている「ポリウレタン」などのプラスチック素材が空気中の水分と反応し、分解が起こってしまうということだ。

靴箱から久々に取り出したスニーカーのソールがボロボロになっていたり、アッパーと分離してしまっていたりするのは、加水分解が原因であると考えていい。

SNKRDUNK 公式サイト

エアジョーダン1を少しでも長く大切にしたいなら「保管方法」に気をつけましょう。

長期間履かない場合は、フィルムかファスナー付きパック(ジップロック)の保管が最適です。

以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スニーカーを買うなら国内NO.1の取引数「スニーカーダンク(スニダン)」が安心です。

「真贋鑑定」のあるサイトが1番良いですよ。

↓ ↓ ↓

スニーカーフリマ【スニダン】

下記に、「エアジョーダン1」に関する記事がございます。

参考にご覧ください。

↓ ↓ ↓